ディセンシア アヤナス

「ディセンシア」の敏感肌用化粧品3ラインナップを比較

投稿日:

ディセンシアは敏感肌の人の間ではすでに常識になっている敏感肌用基礎化粧品です。
現在3つのシリーズがあり、「アヤナス」「サエル」「つつむ」があります。
はじめて使ってみようという方はどのシリーズを使えばいいのか?と悩みどころ。
そこで今回はそれぞれのラインナップの特徴を紹介します。
ご自身の症状に合わせたシリーズを使用してみてくださいね。

アヤナスの特徴

アヤナスは真っ赤なパッケージが印象的な「敏感肌や乾燥肌の保湿とエイジングケア、ストレスによる肌ダメージに特化した」化粧品です。ディセンシアといえばこれ!という方も多いのではないでしょうか。
配合成分としては、ヒト型セラミドによる徹底した保湿と、バリア機能の低下したお肌を守るヴァイタサイクルヴェールが特徴です。
敏感肌の方は化粧水ですらつけるとピリピリしてしまうもの。
しかしこのアヤナスはつけてもしみたりせず安心して使用することができます。

>>>アヤナストライアルセットはこちら<<<

サエルの特徴

サエルはアヤナスとは正反対の目の覚めるような真っ青のパッケージが印象的。ディセンシアの中でも「美白」に力を入れているのが特徴です。
サエルは敏感肌や乾燥肌にしっかり保湿をしながら、白く透明感のある肌を目指す基礎化粧品で、刺激が限りなく少ないさまざまな美白成分が配合されています。
今まで敏感肌の方用美白化粧品はほとんどありませんでしたが、サエルができたことによって一気に広まりました。

>>>ディセンシア サエル トライアルセット<<<

つつむの特徴

つつむもサエルと同様青いパッケージ、しかしこちらはクリームがかった水色です。3シリーズの中で一番「保湿力」に特化しています。
敏感肌やゆらぎ肌などの乾燥、炎症、かゆみなどに特化した化粧品で、化粧水には肌の保湿に重要なアミノ酸を5種類配合し、保湿効果を高めています。
またフェイスクリームは3種類あり、自分の肌の乾燥度合いに応じて使い分けることができます。

>>>ディセンシア「つつむ トライアルセット」<<<

ディセンシア3シリーズの共通点

アヤナス・つつむ・サエルいずれにもディセンシア独自の技術である「ヴァイタサイクルヴェール」が使われています。
これは肌の表面をヴェールのように覆って外的刺激から肌を保護し、同時に肌の内側の水分を外にのがさず正常な肌サイクルに戻す手助けをしてくれるというものです。
また通常のセラミドより細かい粒子のセラミドナノスフィアが角層の奥まで浸透し、肌の奥から水分補給をしてくれます。
3シリーズとも敏感肌の大敵である乾燥から肌を守る「保湿」を中心にそれぞれ展開していますのでご自身の肌と比べながら選んでください。

アヤナスがおすすめな方

・保湿とエイジング両方行いたい人
・ハリ不足、毛穴、くすみ、乾燥シワが気になる人
・ストレスで肌の調子が悪くなる傾向がある人
・重度の乾燥ではなく、年令と共に乾燥が気になってきたという人

サエルがおすすめな人

・肌にかゆみがあったり、乾燥が強い敏感肌の人
・肌に優しいアイテムで美肌ケアと美白、両方したい人
・敏感肌だから・・・と、美白を諦めていた人

つつむがおすすめな人

・粉が吹くほど乾燥が進んでしまっている人
・肌の根本から保湿したい、改善したい人
・強力な保湿を求める人
・季節の変わり目などで肌が不安定な状態になってしまった人

3つのラインナップはいずれも「敏感肌の方用」に作られた化粧品。もちろん敏感肌でない方でも使用していただけますが、肌トラブルを抱えた人の方がよりはっきりした効果を感じられるようです。

アヤナス・サエル・つつむ 一番人気なのは?

3つのシリーズはいずれも人気シリーズとして、乾燥、保湿、エイジングとそれぞれの目的に添って高評価を得ているので一概にどの商品が一番人気化というのは決めづらいです。
しかしアットコスメで確認してみると、一番口コミ数が多かったのは「つつむ」でした。
口コミ数=注目数
と考えるとつつむが一番人気のように見えますが、つつむを支持して使用しているのが2~30代女性であることを考えると、口コミを一番しやすい年代なのでそれが増えている原因とも言えるでしょう。

金額はつつむ<アヤナス=サエルとなっているので、冬の特に乾燥しやすい時期はつつむ、春夏はアヤナスやサエルと使い分けるのもいいかもしれませんね。

-ディセンシア アヤナス
-, , , ,

Copyright© 口コミで人気のディセンシア アヤナス トライアルセット!その効果は?最安値や使い方を徹底検証! , 2017 AllRights Reserved.