ディセンシア アヤナス

美肌になれる食材って?野菜や果物できれいになろう

更新日:


美肌を作るためには化粧品などによるケアも大切ですが、食べ物もとても大事です。
スキンケアが一番重要と思われがちですが、「食べ物でスキンケアが出来る」といえるほど身体に入れるもので肌や体に出てくる影響は変わります。
ジャンクフードの食べすぎや、ダイエットだからといって食べなさすぎはお肌にとっても悪影響。
内臓の不調は肌にも表れやすいため。肝臓や胃腸など身体の内側から整えることが大切です。

そこで今回は「美肌になれる食べ物」をテーマに紹介します。

PR
敏感肌にハリ肌「パンっ!」 DECENCIA

美肌効果のある栄養素には何がある?

「美肌」と聞いて一番最初に思いつく栄養素といえばビタミンCではないでしょうか。
ビタミンCはお肌の中でメラニン色素が沈着するのを防ぎシミやそばかすを防止してくれるものです。
しかしビタミンC以外にもお肌にいい栄養素はたくさんあるんです!

・ビタミンA・B
ビタミンといえばビタミンCが有名ですが、AとBも肌にいい栄養素です。
ビタミンAは、機能維持のために働き、皮膚を作る細胞にも大きくかかわってきます。これが不足すると乾燥肌になってしまいます。
また、ビタミンBはタンパク質と脂質の代謝をしてエネルギーを作ります。新陳代謝を促進することにより美肌を作ってそれを補ってくれます。

・タンパク質
お肌にいいというイメージのコラーゲンは、実はタンパク質の一種。
身体を構成するタンパク質の中で3分の1を占めているのがコラーゲンで、お肌のハリと潤いを保ってくれる役割があります。
タンパク質をしっかり摂取することでしわ予防や美肌効果につながります。

美肌作りに効果的な食べ物は?

美肌作りに効果的な食べ物と言えば代表的なのは「グレープフルーツ」「キウイ」「鶏肉」「うなぎ」「大豆類」などが有名です。
しかしそれ以外にも効果的な食べ物はたくさんあります。
ここでは上にあげた肌にいい栄養素別に見ていきましょう。
いずれもバランスよく食べて綺麗になりたいものですね。

・ビタミンAが多く含まれる食材
レバー・うなぎ・南瓜・人参・しそ・鮎・ほうれん草・バターなど
過度な食事制限ダイエットを行うと肌に必要な栄養も行き届かなくなり、肌が乾燥してしまいます。乾燥肌の救世主「ビタミンA」が含まれている食材を摂るようにしましょう。

・ビタミンBが多く含まれる食材
レバー・納豆・たまご・牛乳・うなぎ・ぶり・海苔・マイタケ・カマンベールチーズ・アボカド・モロヘイヤ・ブロッコリー・ほうれん草などにはビタミンB2が、
牛、豚、鶏肉・大豆・マグロ・さんま・サバ・いわし・タコ・イカ・さつまいも・にんにく・アボカド・バナナ・ピーマンなどには、皮膚の健康を維持するビタミンB6が含まれています。
ビタミンは摂取してもすぐに体の外へ排出されてしまうので意識して摂取するようにしましょう。

・タンパク質が多く含まれる食材
生ハム・鶏ささみ・卵・イワシ丸干し・イクラ・焼きたらこ・牛もも肉・チーズなど
タンパク質は体作りに欠かせないもの。
「脂肪や贅肉を落としてすっきりとした体づくり」をするためにも積極的に摂取していきましょう。
但し食べ過ぎはNGです。

これは避けて!美肌に大敵な食材

美肌を作るためには普段からできるだけ避けた方がいい食べ物もあります。
そういったものに限って美味しく手間もかからないのでついつい食べてしまうものばかり・・・
たま~になら気分転換にいいかもしれませんが、出来れば美肌のために避けたい食品です

・加工食品(外食や冷凍食品など)
・インスタント食品
・冷たい飲みもの
・一度使った揚げ油

これらの食べ物は美肌の妨げになるだけでなく、ダイエットの妨げにもなります。
これらをなるべく食べないようにすることでダイエット効果や美肌への期待も高まります。
美肌になるためのサプリメントなどもいいですが、まずは基本の食生活から見直す事で体の内側から綺麗になっていきましょう!

PR


-ディセンシア アヤナス
-, , , , ,

Copyright© 口コミで人気のディセンシア アヤナス トライアルセット!その効果は?最安値や使い方を徹底検証! , 2017 AllRights Reserved.